グリュックリッヒ・ムジークの子ども向けレッスン

グリュックリッヒ・ムジークってどんなところ?

従来のピアノ教育は、ピアノ楽器だけのレッスンに時間をかけすぎることによってピアノに興味をなくしてしまったり、練習することがいやになる、ということがありました。グリュックリッヒ・ムジークでは、リトミックの技法と、子供のための音楽教育理論であるオルフ・シュールベルクの理念を組み合わせたオリジナルのメソードによって、お子様たちがピアノを弾くことに対する精神的、技術的なストレスを軽くしてまいります。同時にピアノ以外の楽器に触れる機会も持っていただき、さらに音楽への興味と理解を進めていただけるような環境を作っております。
具体的には、グリュックリッヒ・ムジークでは子供たちがリラックスして音楽に親しめるように、「入り口」の部分を大事にしています。さらに、生徒一人ひとりに向けたレッスンプログラムに沿うピアノの個人レッスンと、数人で合奏やリトミックなどを行うグループレッスンを組み合わせています。特にグループレッスンでは「さまざまな工夫」をほどこしています。
なお、幼稚園、小学生の生徒の方には1ヶ月に1回程度のグループレッスン(リトミック・アンサンブル、オルフ理論に基づくオリジナルメソッド、等)を受講していただくことを推奨しています。

年れいに合わせたレッスン内容


幼稚園児(3〜6歳)
想像する事が好きなこの時期は、イメージを広げながら音楽を聴いたり歌ったり、楽器にふれてみたりして想像力や創造性を伸ばすことに取りくみます。段々と聴く力が伸びてきますので、「ドレミ」を聴きわけたり、音符の位置も認識できるようになるので、総合的な音楽の基礎力をつけていきます。


小学校1〜3年生
指先の運動能力が発達し、自分から取り組む意欲も出てくるので弾く事とともに、音楽をしっかり聴き取り楽譜を読み表情豊かに歌うなど、総合的な学習を通して鍵盤演奏の基礎力を育成します。そしてもっと弾きたいという意欲と自信を身につけていきます。


小学校4〜6年生
ブルグミューラや、古典音楽のソナチネ、バッハなどのバロック音楽、テクニックの教材にも積極的に取りくみ、いろいろな音楽体験を重ねることで、自分の気持ちを音楽で自由に表現する力を身に付けていきます。


中学生〜おとな
好きな音楽を自分で選び取り組みます。また、コード進行を学び、アレンジにも挑戦していきます。

 


子どもグループレッスン…
好きな音楽を自分で選び取り組みます。また、コード進行を学び、アレンジにも挑戦していきます。